【第1回】純ジャパEnglish:純ジャパの為のビジネス英会話の習得方法論

純ジャパの為のビジネス英会話の習得方法論

※こちらの投稿は、筆者が「チョカマガ」というウェブサイトを運営していた頃に作成した記事です。せっかく連載で書いたので、鼻炎夫婦にも転載しておきます。

社会人生活を積んで30代前後になると、中堅の域の「入り口」に達してくると思います。この入り口に差しかかると、自分の中でも「何かもう一つスキルを磨いてブレークスルーしたい!」という気持ちも出てくるのではないでしょうか。

そのブレークスルーの為のスキルとしては、資格取得だったり、経営全般の勉強だったり、人によって様々と思います。それらスキルの中でも汎用的なもの、そして生涯にわたってプライベートでも活用可能なもの、としてはビジネス英会話ではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネス英会話を習得したいと思うきっかけ?

アレルギー性鼻炎

きっかけは人によって様々、

  • 会社の上司に外国人がいる
  • 取引先に外国人がいる
  • たまに英語の電話がかかってくる
  • 将来の転職に備えて英語を勉強したい
  • 海外旅行で英語をしゃべりたい

などが主なところでしょうか。

ビジネスシーンでは、企業規模の大中小を問わずグローバル化が進んでおり、外国人の上司、取引先、顧客から信用され、日々の業務や商談などがスムーズに進められるレベルの英会話が必要になってきています。

またプライベートでも、格安航空チケット一時期の円高の影響もあり、海外旅行に行く機会が増えた、という方も多いのではないでしょうか?

純ジャパの為のビジネス英会話の習得方法論とは?

アレルギー性鼻炎

これからビジネス英会話を学びたい!と思っている方はもちろん、海外旅行にプラっと行った時に英語に困らない程度の英会話を習得したい!と思っている方にもわかりやすく、英会話習得のステップを数回に分けて、ご紹介していきたいと思います!

合計何回になるかわかりませんが、気長にお付き合いください!

ところで、本稿連載は「純ジャパの為のビジネス英会話の習得方法論」というタイトルをつけました。

  • 純ジャパ:つまり、日本で生まれ育ち、英語を話せない「純粋なジャパニーズ」

に対して

  • ビジネス英会話:つまり、「ビジネスシーンで使える」英会話を学ぶ

ための

  • 習得方法論:効率的に学ぶ「方法論」をご紹介する

事が目的だからです。

筆者も日本で生まれた純ジャパだったんです。ただ、海外留学も経験し、今となっては純ジャパではなくなりましたが、海外留学の経験で得た語学習得のプロセスを分析し、純ジャパでもビジネスシーンで英語が活用できるようになる方法論をご紹介していきます!

最後に

この連載を書こうと思った信念などについても、今後触れていこうと思いますので、気が向いた時に「チョカマガ!」(現、鼻炎夫婦)に戻ってきて読んでみてください!

Follow me!