【第7回】純ジャパEnglish:どのようなツールで効果的に英会話を学ぶか?リスニング編

言語を覚えるプロセス①:聞く

前回の投稿、【第6回】純ジャパEnglish:もう挫折しない!ビジネス英会話習得に向けた目標設定では、ご自身の「ビジネス英会話習得」というプロジェクトにおける、「5W1H」の設定の必要性をお伝えし、WHY(なぜ英会話の勉強を始めるか?)、WHAT(何を目指す?)、WHEN(いつまでにその状態にたどり着くか?)にフォーカスを当てていました。

それでは、HOW(どのようなツールで効果的に英会話を学ぶのか、を見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その前に、言語を覚えるプロセスのおさらい

アレルギー性鼻炎

【第5回】純ジャパEnglish:言語を覚えるプロセスは、赤ちゃんの成長過程を意識しよう!でご紹介したように、ビジネス英会話を習う際は、赤ちゃんが言語を学ぶプロセスをなぞらえて、

  • 聞く:とにかく英語に触れる機会を最大化して、英語が自然と体に入ってくる環境を作る
  • 理解する:聞くことに慣れてきたら、文法と英語の構造を意識して、理解する
  • しゃべる:しゃべることで初めて、能動的に英語を考えるようになり、「自分のもの」になります

の3段階をご紹介いたしました。(上図ご参照)

まず本稿では、この「聞く」というプロセスにフォーカスを当てて見ていきましょう!

「聞く=リスニングする」ことの重要性

アレルギー性鼻炎

「聞く」という行為は、赤ちゃんが言語を覚えるプロセスの中で、自然と一番最初に行う行為です。

何を言っているかも全くわからない環境にポツンと置かれて、常にその言語を浴びせかけられ、単語が行動と結びついて初めて「理解」のステージに向かっていきます。

英会話を大人になってから学ぶ際も全く一緒です。

「でも、赤ちゃんと違ってもう脳みそが硬いからなぁー」なんてボヤキをよく聞きます。

確かに生物学的にはそうかもしれません。

ただし!

大人から英会話を学ぶことのアドバンテージももちろんあるんです。

  • 中学・高校で英語の教科に触れている!
    成績の良し悪しに限らず、会話の中で多用される単語(This/That、I/You/He/She、Yes/No、、、などなどの知識を既に持っている事は、最大のアドバンテージです。
  • (当たり前ですが、)軸となる母語がある!
    新しい英単語を学ぶ時、その対象をそもそも知らない人、対知っている人だったら、後者の方が単語の吸収が格段に早いですよね。極端な例で言うと、「円高」という言葉を知らない人が、英語でAppreciation of the Yenと言われても、、、そもそもわかりませんよね。
  • 明確な目標があるから努力できる!
    30代前後で英会話を学ぼう!と決意した人には、それなりの理由と明確な目標があるので、それに向けて日々努力ができる点も重要なアドバンテージです。通勤の電車のなか、お昼休憩、会社終わりのカフェで、、、いろいろなシチュエーションで時間を見つけて勉強していきましょう!

が主なところでしょうか。

リスニング能力効果に効率的なツールは?

(無料編)ポッドキャスト

筆者も実際に毎日やっており、効果を実感している一番のおすすめトレーニング術は「ポッドキャストで英語の放送を聞く」事です。

ポッドキャストをご存じない方の為に簡単にご説明すると、ポッドキャストとは「インターネット上で更新される音源(ラジオのようなもの)をダウンロードし、iPhoneのようなデジタル携帯プレイヤーに取り込んでいつでも聞く事ができる仕組み」の事です。

数ある英語で放送されているポッドキャストの中でも筆者のおすすめは、

  • NHK WORLD RADIO JAPAN News
    NHKが毎日英語でお送りする、日本と世界の主なニュースをお届けしています。毎日、新聞やニュース番組で取り扱っているニュースを英語で聞く事が出来るので、理解が早くておすすめ!

です。

(無料編)YouTube

YouTubeも無料で英語に触れる、という意味では非常に役に立つツールです。

YouTuber(ユーチューバー)なんて言う言葉が流行っていて、海外のYouTuberが定期的にリリースする動画を見るのも日常英会話に触れるとてもいい機会です!

筆者も多くのYouTuberをSubscribeしていますが、その中でもオススメは、

  • The Late Late Show with James Corden
    日本でいう、かつての「笑っていいとも」のようなコメディー番組。なんと言っても、一番人気なのは「Carpool Karaoke」(車に歌手を乗せて、その人の音楽をガンガンにかけて、一緒にガンガン歌うコーナー)。

    • 若者に大人気のジャスティン・ビーバーの素が出てたり
    • スティービー・ワンダーが目が見えない事をコメディーにしてたり
    • オバマ大統領夫人のミッシェル・オバマさんも出ています!(アメリカならではですね!)
  • ABC News
    アメリカの放送局の主要な放送テーマをYouTubeで見る事ができます。日本においてはNHKとフジテレビとそれぞれ提携関係にあるみたいですね。
  • BBC News
    対して、イギリスの放送局のYouTube放送です。

(有料編)GlobalEnglish 日経版

あの日本経済新聞社世界を代表する英国の教育メディア企業ピアソン社が共同開発した、ビジネス英語を習得しようとしている方々、国際的なビジネスに関わるビジネスパーソンを対象にしたプログラム【GlobalEnglish 日経版】

全ての課題がリアルなビジネスシーンを想定して作られているから、勉強のための英語ではなく実践で使える英語が身に付きます!

挨拶からネゴシエーションまで11のレベルに分かれているため、初級者の方でも上級者の方でもレベルのミスマッチなく学習できます。

「オンライン英会話レッスン」や「ライティング添削」などインタラクティブなコンテンツも充実していて、課題は1000時間以上。1日約200円とコスパも最強です!

Follow me!