ほおっておくと大変。その鼻水、副鼻腔炎じゃないですか?

鼻炎

鼻のつらい症状の中でも、鼻詰まりは本当に大変ですよね。風邪の症状や花粉症、ほかにもアレルギー鼻炎など、鼻づまりで悩んでいる方は多いと思います。

しかし、本当にあなたのその鼻詰まりは「風邪」ですか?「花粉症」ですか?
もしかしたら「副鼻腔炎」かもしれませんよ。今回は副鼻腔炎について詳しく見て行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

副鼻腔炎って何?

鼻炎夫婦

副鼻腔炎とは、いわゆる一般的に「蓄膿症」と言われているものです。

原因にはいろいろありますが、最も多いのは風邪を引いたとき鼻の中に雑菌が入ってしまい、そのままその患部で炎症を起こしてしまう事があげられます。
普通はそのまま回復するのですが、免疫の低下や様々な理由で炎症が長引くと副鼻腔炎に発展することがあるのです。

副鼻腔炎は、鼻の中で炎症が長引いてしまう状態ですから、様々な症状を引き起こしてしまいます。

まずは「痛み」の諸症状

副鼻腔炎は炎症を起こしているのですから、当然痛みが襲ってきます。
その痛みは、鼻を中心に、目や頭の痛み、もしくは歯の痛みとなって現れます。中には虫歯ではないかと疑う人もいるほどの痛みが出る場合もあるんです。

次に「鼻水・鼻づまり」

副鼻腔炎にかかると、鼻水が粘り気を帯び詰まりやすくなります。それと同時に常に鼻水が出てくるような状態にもなりますので、不快で苦しい鼻水や鼻詰まりが長く続いてしまいます。鼻の奥にいつも鼻水が詰まっているような感覚になるのも、その特徴です。

最後に「匂いが分らなくなる」

アレルギー性鼻炎

副鼻腔炎は鼻の中の炎症ですので、そこにある匂いを感じる神経や細胞が炎症のせいで働かなくなり、臭いを感じることができなくなります。
これは、早期に完治すれば一時的なものですが、長引いてしまうと匂いを感じる機能が一生失われるといった恐ろしい事態になることもあります。
これにより味やにおいを正確に感知できない「風味障害」といった状態になってしまう事もあるのです。

副鼻腔炎の特徴

副鼻腔炎をただの風邪や花粉症だと思って放置しておくと、痛みや鼻炎症状、嗅覚の障害に発展します。
それでは副鼻腔炎だと気づくきっかけになるその特徴とはどんなものでしょう。

まず、一番わかりやすいのは鼻水の色。

副鼻腔炎は、鼻の中が炎症を起こしてしまう事でそこに膿がたまってくる症状ですので、鼻水に膿が混ざり色が変わってくるのが一番の特徴と言われています。

まず初めには黄色に、そして長引くとそれは緑色を帯びてきます、いわゆる「あおっぱな」というやつです。

また症状が長引いてくると、白っぽくて粘度の高い鼻水が出てくるようになりますので、このような症状があらわれたらお医者さんに相談してみるといいでしょう。

副鼻腔炎と漢方

もちろん、症状があらわれたらまずお医者さんにかかることをお勧めします。
しかし、お医者さんにかかって処方薬をもらったらと言ってすぐに治る病気ではありませんし、長引いてしまうこともしばしばです。

そんな時は、漢方を試してみることをオススメします。

漢方は、人間自らの自然治癒能力を高める手助けをすることを中心として考えられている東洋医学です。そのため、炎症を起こすことで発症する副鼻腔炎には効果が期待できるとされています。

また、お医者さんの処方する薬は効果が期待できると同時に副作用が生じる可能性もあります。副作用に不安を抱える方も、一度漢方薬を念頭に置いて考えてみて下さい!

まとめ

いかがでしたか、副鼻腔炎のお話。ほおっておくと大変なことになりかねない副鼻腔炎。脅かすわけではないですが症状が悪化すれば手術が必要になることもあります。

ちょっとでも、副鼻腔炎かな?蓄膿症かな?と思ったらまずお医者さんに相談し、そのうえで漢方なども使って多角的な対策を講じてみる事をオススメいたします。

Follow me!