【光脱毛 or レーザー脱毛】鼻炎妻、実体験して比較してみた!

脱毛

こんばんわ。鼻炎の妻、おさとです。

本日の鼻炎指数・・・0です!!

何も詰まっておりません。両鼻快適です。鼻炎もヒノキも過ぎ去ったようです!

さて、本日のトピックは、光脱毛とレーザー脱毛どちらが良いか、実体験を元にレポートします!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

比較した脱毛サロン

私が実際に行っていた脱毛サロンは2つ!

銀座カラーアリシアクリニックです。

ご存知でしょう。銀座カラーはいわゆる「光脱毛」。アリシアクリニックは「レーザー脱毛」となっています。効力でいうと、光脱毛 < レーザー脱毛。レーザー脱毛の方が集中的な熱により照射を行うためです。レーザーの方が光脱毛と比べて脱毛のスピードが早く、手っ取り早く脱毛することが可能です。(理由や、機械などの詳しいことは、他サイトを見て見てください。。)

今から体験談を書きますが、比較材料としてですが、私の毛の濃さは普通より濃いめ。指にもちょっぴり毛が生えています。沿ったらザリザリしますので、ちょい太めです。剛毛ではありません。おでこにはやや多めの産毛チャンが生えています。

銀座カラー体験談

銀座カラーは、かれこれもう4年は通っています。

部位は、鼻下(7回)、足下(5回)、背中上(無制限)、両脇(無制限)です。金額はもはや覚えていませんが、両脇は当時2000円が謳い文句だったような・・。背中上はキャンペーンで30000円くらいだったか・・。あとはチケット制で、6万円くらい購入して、鼻下と足下にちびちびと消費したような気がします。

部位ごとの結果発表

  • 鼻下は7回しましたが、少し薄くなりました。やってよかったと思います。今でも生えていますが、仕事先で気づいた時に、急いで鏡見て5〜6本抜くと大体綺麗になります。
  • 足下は5回しましたが、ほとんど変わりませんでした。
  • 背中上は無制限なのですが、現時点で12回はしました。背中は産毛なので、ほとんど変化は見られません。
  • 両脇も無制限で、現時点で12回はしました。背中の産毛と比べて毛が太くて濃いので効果が目に見えてわかりやすい部分ではありますが、あまり効果は見られず・・。今でも普通に生えてきます。毎日剃っています。

メリデメ

メリットは、肌に優しい気がする。あまり痛くない、です。

デメリットは、毛が無くなるスピードが遅い気がしました。一番最初に説明聞いた時は、毛が全て無くなるには12回くらい施術が必要ですなんて聞いてたので。今12回施術を受けましたが、全然生えています。。こちらの期待値としては、12回受けると、1週間に1回剃ればお手入れ完了できるぐらいになってればよかったなと思います。

あと、鼻炎フレンズの中感じたことがある方がいらっしゃるかと思いますが、1年くらい前まで、商品の紹介が強引だなぁと感じてました。商品の紹介は仕方ないとはいえ、エステ系の商品紹介は、こいつ買わないな、と思った瞬間がとても冷ややか・・。最近はそんな紹介すらされず、快適です。店員さんも優しいですし。基本的に商品紹介された時には、要らないなら要らないとはっきりいうことが大切ですね。こちらも相手も不毛な時間を使わずに済みますので。

アリシアクリニック体験談

アリシアクリニックは、かれこれ2年くらい通いました。

部位はVIOです。金額は60000円だったかな?こちらも当時キャンペーンだったと思います。漫画調の電車広告を見て、ウェブの体験談読みまくって、レーザー脱毛にチャレンジした記憶があります。

結果発表

  •  VIOを6回脱毛しましたが、今ほとんど生えていません!
  • 生えていても猫っ毛みたいに、ふわふわで少なめ

メリデメ

メリットは、やはりレーザー脱毛の威力はすごく、スピーディーに毛が無くなりました。多少生えていますが、光脱毛の両脇と比べると非常に早い!時間がない方にはすごくおすすめです。結果にコミッ○します笑

デメリットは、痛い!!!とにかく痛かった。もちろん、個人差に合わせてレーザーのパワーを調節してくれますが、結果にコミッ○しようとすると、痛みを我慢し、レザーパワー強めでやりますよね。うん、痛い。けど、細々と光脱毛に通い続けるより、個人的には短期間で脱毛できる光レーザーが良かったです。

皮膚は少し赤くなりました。皮膚については塗り薬を処方してもらえるので安心です。肌が弱くて心配な人も、クリニックに居る先生に診てもらえるので、安心して受けられる事はメリットですね。

どうだったでしょうか?!

以上が体験談となりますが、自分にあったサロンを見つけて通って見てくださいね。もちろん、全身で契約すると断然安いので、要チェックです!!

それでは本日はここら辺で!

ビエンナーレ!

おさと

Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする