【Softbank→Y!mobile】夫婦でY!mobileに移行して月々15,000円浮かせた話

Y!mobileワイモバイル

家計を助ける為には、頑張って働いて入ってくるお金を増やすか、または倹約して出て行くお金を減らすか、の2択しかありません。

入ってくるお金を増やす為には、昇進をする(そんな簡単に言うな!)、副業する(なにやればいいんだ!)、共働きする(大変だぞ!)などなど。。。どれも大変ですね〜。

一方、食費や生活費を倹約するとなると、何をするにも安い方を選択する、生活のスタンダードを少しずつ下げるなど、、、常に意識し続けるのは大変ですね〜。

なので、手っ取り早い、確実な方法としては、月々固定で必ずかかっているコストを見直すこと。

例えば、家賃、ネット、携帯、保険、ローン、などなど

その中でも、今回は携帯とネットの両方を併せて見直してみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今までかかっていた月々の携帯代とネット代は?

鼻炎夫婦

鼻炎夫婦は二人とも結婚する前からソフトバンクにお世話になってて、ネットはUQ WiMaxのポケットWi-Fiを使ってました。

ざっくりとした携帯電話+ポケットWi-Fiの月々の支払い金額は、、、

1年で30万円弱。まぁ、生活必需品だし、、、と思って、あまり見返すことはしていなかったけど、いざ活字でみてみるとバカにならない金額ですね。

よし、格安SIMに切り替えよう!

鼻炎夫婦

と決断した鼻炎夫婦。しかし、そうは簡単に切り替えられない。以下6つのステップを踏むことになります。

Step 1:契約更新期間を待つ

鼻炎夫婦二人ともソフトバンクユーザーだったのですが、2年更新の縛りがあります。もちろん、契約期間途中の解除料9,500円(税抜)を支払えば、抜けることもできますが、カナリもったいない。。。

しかし、運のいいことに鼻炎夫婦ともに解約料金がかからない更新期間が5月でかぶっていたので、この期間に狙いを定めて少しずつプランニングを開始。

Step 2:SIMフリーのスマホに切り替え

鼻炎夫婦の夫おとしはiPhone 6、妻おさとはiPhone 5sの使い手だったのですが、どちらもソフトバンクで買ったもので、格安SIM業者のSIMを指すことができないんです。。。

ちまたでは脱獄とか、SIM下駄を履かせるなんて方法を紹介しているサイトもありますが、長く使うものなので、安心安全の正規品を使いましょう!

と、いうことで、銀座のアップルストアーで念願のiPhone 7 Plusを夫婦揃ってゲット!!この時の様子は、「鼻炎夫婦の銀ブラ(アップルストア→スラム→ヤマダ電機→俺のイタリアンJazz)」で。

Step 3:格安SIM業者の選定

鼻炎夫婦として重要視していたのは、

  • 【電話】
    • 最近はLINEが主体だから電話はあまり使わない。
    • かといって、電話をかけない事もないし、緊急の時には電話がつながりやすい方がいい。
  • 【ネット】
    • ネットは、普通にネットニュースとか見たり、調べたり。。。
    • YouTubeは基本的にWiFiにつなげてみてるから、そこまで通信容量が必要なわけではない。
  • 【料金】
    • 料金的には、もちろん安いに越したことはないけど、電波の具合とか、通信容量とかを下げてまで、1,980円レベルまで下げるつもりはない。

という5点。

これらの条件で一番マッチしていたのがY!mobile

  • 【電話】
    • Y!mobile以外の格安SIM業者は、docomoやauなどのキャリアから回線を「間借り」して、空いているスペースを使って通信サービスを提供しています。
    • 一方、Y!mobileは、親会社のソフトバンクの強みを生かして自社回線を用いて通信サービスを提供しています。
    • なので、通話の質は他の格安SIM業者と比較してカナリ安定しています。
  • 【ネット】
    • ここは正直、格安SIM業者ごとに一長一短な所があるので、比べづらいところですが、Y!Mobileの場合は、データ通信容量2倍(2年間)のキャンペーンをやってますので、当面はMプランでやっている3GBの2倍、6GBでまわしていくのは十分すぎると判断。
  • 【料金】
    • 料金についても、3,980円が2,980円になるワンキュッパ割引(2年間)/span<>というキャンペーンをやっているので、並みの格安SIM業者に並べる価格帯になってます。
    • 上記の通信品質の通信容量を実現して、この価格帯なら、もうY!mobileにしよう!となりました。
    • もちろん、ワンキュッパ割引が切れたり、データ容量2倍の期間が切れたら、再考の余地があるかもしれませんが、とりあえず、2年間はこれでいこうと思います!

Step 4:ソフトバンクからMNPの取得

携帯電話のキャリアーを移行するときは、同じ電話番号を引き続き使いたい場合、MNPというものを取得する必要があります。MNPはマイナンバーポータビリティの略で、マイナンバー(つまり、自分の電話番号)をポータブル(どっかに持っていく事)を意味しています。

ちなみに、ソフトバンクの場合は、ソフトバンク携帯電話から *5533、またはフリーコール 0800-100-5533(無料)に午前9時から午後8時の間に電話すれば取得可能です。

Step 5:Y!mobileショップで移行手続き

Y!mobileを選ぶもう1つのメリットは、実店舗が豊富にある事。いざ、通常のキャリアーから格安SIM業者に乗り換えるとなると、不安はたくさんあるはず!

ほとんどの格安SIM業者は実店舗を持たずにネット上の手続きをとる事で人件費、賃料を浮かせてコストを抑えていますが、Y!mobileであれば分からない事、不安に思っている事を実店舗で店員さんに相談可能なんです!.

ネットの情報を見ても、しっくりこない事、わからない事、不安な事は実店舗の社員さんにぶつけて見ましょう。さすがに、社員さんもソフトバンクの店舗経験者なのか、ちゃんとした方々ばかりで手続きもスムーズにいきました。

Step 6:ソフトバンクの解約(自動)

Y!mobileの社員さんにMNPを取得済みである事を伝えて、Y!mobileの契約が無事に終わると、自動的にソフトバンクは解約になります。

改めて、我々からソフトバンクに一報を入れる必要は全くありませんので、手続きもスムーズ!

これで、ソフトバンクからY!mobileに移行するステップは全て完了!あとは、ソフトバンクの時と何も変わらず携帯を使う事が可能となります。

実際、いくらセーブできるのか?

鼻炎夫婦

上記のようなステップを経て、携帯とWi-Fiを切り替えた鼻炎夫婦。実際に新しい月々の料金プランがいくらになったか、というと、、、

  • Y!mobile(スマホプランM):2,980円 x 2人 = 5,960円/月
  • ユニバーサルサービス料:2円 x 2人 = 4円/月
  • SoftBank Air:5,270円
  • 月々割:-1,620円
  • 光セット割:-700円 x 2人 = -1,400円/月
  • 合計:8,214円/月

実に、、、今、支払っている携帯代金とネット代金23,700円から見ると、、、

  • 差額:△15,486円/月

1年で18万円くらいの差が出てきます!!これはデカイですね!!

1日、Y!Mobileを使ってみた感想

さてさて、昨日Y!Mobileに切り替えて、1日使ってみましたが、実際の実感としては何も変わってません!!(←ここが重要)

何も変わってないけど、一年で18万円セーブできるなら、変えない手はない!!と個人的には思っておりますが、みなさんもご自分の目線で何が重要で、何が必要ないか、を判断して格安SIM業者を選定してください。

Follow me!