【食レポ】豚肉のビタミンB1で鼻炎対策!豚大学の豚丼(新橋)

鼻炎

お腹が空きすぎどうしようもなかったランチ前の11時過ぎ。

「お昼何を食べよ〜」と、仕事そっちのけで食べログサーチをしていると、会社からは少し離れているが、徒歩で行けなくもない距離に「豚丼!!」のお店が。

写真を見てみると、どんぶり一杯に乗っけられた豚が!!

12時を待てずに11時20分に出発!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SL広場近くのニュー新橋ビルへ〜。

鼻炎

豚大学はSL広場の脇にある歴史を感じるニュー新橋ビルの中に入っています。ニュー新橋ビルと言いつつ、出来上がったのは1971年の46年戦士!外見はモダンなデザインなものの、中に入ると歴史を感じるイイ感じのビルです。

しかも、なんだかんだ食べログレーティングの高いお店もたくさんあるので、ニュー新橋ビルのヘビーユーザーになります!

新橋ビル側面の豚大学へ!!

鼻炎

SL広場からニュー新橋ビルに向かって歩いて、右側の側面ゾーンにある豚大学。側面からの入り口と、ビル内部の入り口の二つがあるけど、このビル内部の入り口が正門(!?)。

チケットの自販機もビル内部の入り口の方にあり、列で並ぶのもこちらの方。11時半過ぎに到着すると既に先客が4名ほど。

肝心の豚丼は、小(500円)、中(650円)、大(810円)、特大(1020円)の4つのサイズから選べます。

肝心の豚丼(大)+豚丼セット(140円)がコレ!!

鼻炎

炭でシッカリ焼いた香ばしい豚バラ肉がギッシリと惜しみなく敷き詰められたザ・豚丼!!

こういうタレ系の丼ぶりは、ビタビタにタレがかかってると最後はしつこくて食べきれないのですが、ここの豚丼は甘辛タレが程よくかかってちょーどイイ!!

肝心の豚バラ肉は厚さがシッカリして噛み応えがあり、炭の香ばしさと甘辛ダレが絶妙にマッチして、ドンドンご飯が進む〜!!

これは食べ過ぎると胃がもたれるかぁ〜!?

と、不安になりながら食べ進むものの、豚バラ肉の脂も程よく落ちており、タレがビタビタじゃない分、全然胃もたれナシ!!

鼻炎夫婦としてはリピートランチ確定!!ムイビエーン!!

鼻炎夫婦的食べログレビュー「豚大学」

  • 味(重みx2)    :5点→10点
  • 料金設定(重みx0.5):5点→2.5点
  • 店の綺麗さ(重みx1):1点→1点
  • 接客(重みx2)   :2点→4点
  • スピード(重みx0.5):2点→1点

合計:18.5点、5で割ると「3.7点」となりました!

関連ランキング:豚丼 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

豚丼がなぜ鼻炎対策になるか!?

鼻炎の誘発因子の一つに「免疫力の低下」があります。(詳細はこちら

疲労やストレスが蓄積されてくると体の免疫力が低下していき、アレルギー性鼻炎を誘発するアレルゲン(ハウスダストや花粉など)に対する耐性が低下します。

そんな低下した免疫力を回復してくれるのが豚丼なんです!!

豚肉には、糖質をエネルギーに変える時に使われる栄養素「ビタミンB1」が豊富に含まれており、このビタミンB1をいっぱい摂取すると、疲労回復やストレス鎮静などの効果があると言われいます。

さらに豚肉にはタンパク質も豊富に含まれており、タンパク質がアミノ酸に分解されて皮膚や髪の毛、血液を形成する素材となるそうです。

そんな豚丼は、糖質を含むご飯とビタミンB1とタンパク質が豊富な豚肉の足し算で、アレルギー性鼻炎を未然に防ぐ最適なメニューと言えるでしょう!

Follow me!