【鼻炎あるある】点鼻薬を忘れると不安でドンドン鼻つまるーぅ!

鼻炎夫婦

鼻炎夫婦の夫、オトシです!

ワンプッシュで鼻づまりが30秒で完璧に治る悪魔の薬、点鼻薬。鼻炎の人は点鼻薬にハマると、点鼻薬なしでは生きていけなくなります。

全く大げさでなく!

きっと鼻炎ピーポーの読者のみなさんも同じループにはまってるんじゃないでしょうか。そう、それが悪魔の薬たるゆえん。

一度手を出したら最後。

私は大学生の頃に初めて使ったから、19歳か20歳くらいに使い出してから30代中盤まで、実に15年間は点鼻薬のお世話になりました。

しかも、人間の身体は不思議なもので、薬を使い続けると、その薬に慣れてしまうから効き目が落ちてくるんだ!だから、薬を使う間隔も短くなっていくし。しかもしかも、薬を使う間隔が短かくなるって事は、夜寝てる間に確実に鼻がつまって眠りが浅くなる、という悪循環。

そんな悪魔の薬のせいで悪循環にはまったスーパー鼻炎ピーポーなみなさん全員に当てはまるのが、このあるある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

点鼻薬を忘れると不安で、ドンドン鼻つまるーぅ。

もちろん、点鼻薬は自分が持ってるすべてのカバンのポケットに入れてるし、会社の引き出しに入ってるし、ベッドサイドにも置いてる。テレビの前にも置いてるし、ソファの横にも置いてるし、玄関先にも。通常の生活をする上ではどこでどんな状態で鼻がつまっても大丈夫なように戦略的に鼻炎薬を配備してる、、、。

だけど、

たまぁーに、手ぶらで出かけようかなぁー。なんて思って意気揚々と出かけた日にゃ、もう。

道中で、アレっ?!

ない!!

と気づいたら最後。

そこから脳みそとの闘いが始まります。

通常のサイクルでいうと2時間くらい経ったら鼻つまって来るから、どこかで薬局寄らないと。あれ、あの駅の近く薬局なかったな。第一、遅刻気味なのに、薬局の紙袋を片手に登場するとバツが悪いな。などの事が一瞬にして頭によぎるわけです。

もう不安で不安で。

あれ、まだ2時間のサイクルの序盤なのに鼻つまってきた?やべ、飲み会の前にも一旦鼻シュッシュしておきたい!今やっておけば、2時間くらいの飲み会なら持つしなぁ!でも、鼻炎薬ない!

っと、パニック状態。

まぁ、都内であれば、必ず薬局がどこかしらに行けばあるけど、コレが旅行先だった場合はさらに悲劇。あの点鼻薬がない状態で、どうやって二泊三日過ごすんだーァ。なんて時は、地獄ですよ。ホント。

そんな毎日をくらいしている中で脱鼻炎をいっつも考えるけど、考えてるそばから鼻がドンドンつまって行って、気づいたらシュッ。

こりゃ抜け出せませんな!

みんなも点鼻薬の使いすぎには気をつけてくれよな!ムイビエン!!

鼻炎の夫 おとし

Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする