【HTMLファイルのアップロード】Google Search Consoleでの所有権の確認方法

アレルギー性鼻炎

Google Search Consoleは、ご自分が所有しているウェブサイトにどのような検索条件でたどり着いたかを検証する事ができます。

どのような検索単語(クエリ)が、Googleの検索結果に引っかかって(表示回数)、どれくらいの検索順位に表示され(掲載順位)、何回クリックされた(クリック数)のか。

いわば、自分が所有しているウェブサイトの成績表が一覧で見れるんです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Search Consoleを設定する上で、一番大変なのが「初期設定」です。

ここをうまく通過できれば、あとは成績表が毎日更新され、蓄積されていきます。

この「初期設定」で一番手こずるのが、ウェブサイトの「所有権を確認」する方法です。その中でも一番手っ取り早いのが、「HTMLファイルをアップロード」する方法

ダウンロードしたHTMLファイルをどこにアップロードするべきなのか?

答えは、

Public_html

のフォルダーにアップロードしてください!

ここにHTMLファイルをアップロードして、「確認用のリンク」を押し、ファイル名が文字で出てきたらOKです。

逆に、「このページは存在ましません」のようなテクストが出てきたらNGです。

Follow me!